安値を意識した展開

2009年02月23日 00:11

6990円を意識した展開になってきましたね。
どうせなら、中途半端に試さずに
きっちり試して、結果が欲しいですね。

7200円ぐらいでうろうろ経過されるよりも
7000台ぐらいで急反発とか。
試して割ってしまうとか。

経済状況が立ち直って欲しいので、なんとか頑張ってほしいところです。

反発してもいいんじゃないのと思ってはいますが
60分が陰転中、日足も陰転中、15分が下でベタベタ。
順張りでは買えませんし、今は変調もありません。

今週もよろしくお願いいたします。

応援クリックいつもありがとうございます。
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ【応援感謝します(^^)/】

ドテン売買の方法

2007年08月01日 14:17

ドテンの売買の場合、返済注文と新規注文を二つ同時に出さなければいけません。
これは、時間がかかりますし、変更するのも大変です。
これを一つの注文で出来るようにする方法です。
はぴはぴシステムは、ドテンが多いので、参考にしてもらえればと思います。


1)建て玉の指定のない証券会社

こちらは、方法というよりも紹介です。
返済の際も返済ではなく、すべて新規の買いと売りのみの発注なので
買い1枚から売り2枚を出すと自動的に 売り1枚になる。
ドテンに最も適したパターンでしょう。
ただし両建てはできない。(両建ては意味がないので問題なし)

証券会社例:センチュリー証券、FN証券



2)返済を使わずに新規で対応する方法

この方法は、どこの証券会社でも可能です。
買い1枚の状態から売り1枚にドテンの場合

通常は買い返済1枚と売り新規1枚の所ですが

これを売り新規2枚と注文します。
結果 買い1枚、売り2枚となります。(実質ドテンと同じ)

その後、更にドテンの場合は、売り2枚を返済して
買い1枚にします。
手仕舞いのみの場合は、売り1枚を返済して
買い1枚、売り1枚にします。
その次にエントリーの時に、1枚返済とすれば
1枚のみ残ります。

慣れるまでは、ややこしいですが
慣れてしまえば、とても使えます。
返済の所を新規で建てる間違いもたまにありますが
両建てになるだけですので、証拠金も同じです。
(証拠金は枚数分はいるのかな?)

手数料も、片道計算の所であれば、全く同じです。
デイトレ無料の所は、少し高くなるのかな?

※ちなみに私はこの方法でやっています。
松井&GMO証券とも手数料片道計算ですし、GMO証券は2枚まとめた方が割安になりますので
この方が安いことになります。お勧めの方法です。



3)番外編
その他、証券会社によっていろいろな注文方法があります。
一部紹介します。
トレーダーズ証券の場合 バスケット注文できるので、あらかじめ注文をまとめておく事ができます。
松井証券の場合(オリックスも同じかも?) ネットストックハイスピードなら、板注文で
返済注文と新規注文を合算することができます。
少し価格が離れたところで、返済注文と新規注文を発注してまとめておいて、価格変更すれば1回で注文できます。


間違っている場合や、他の証券会社の情報等あれば教えていただけると嬉しいです。
わかりにくければ質問ください。


他のシステムとの比較はこちら(FC2ランキング)から どうぞ

こちらも役に立つサイトが載っています。
日経225先物オプションランキングはこちら

多くを知る必要はない

2007年04月19日 16:30

本日も、参加できませんでしたので
今日は、「デイトレード」という本の中の私の好きな所を
ご紹介したいと思います。
明日からは参加できると思います。


より多くを知ろうとする事は必要ない。
一部抜粋

行動を起こす前に万全を期しておこうとすることは
ごく自然な事である。
しかしより多くを知ろうとせずに知的に行動できるものの所にお金は集まるのである。
ポジションを取る前により多くを知ろうとするものは常に出足が遅く
負けるべくして負けるのである。
トレーダーとしてマーケットに対する安心感を求めてはならない。
すべての事実関係を知る事ができたころには収益機会など存在しないのである。

以上

いかがでしょうか。
システムとは少し違うと思いますが
私は、共感する点がありますね。
仕掛けるときに、あまり不安を感じないときは
逆に動く事が多い気がします。
相場観は逆だが、ルールだからしょうがなくエントリーしたとき等で
びっくりするぐらい大きく動いたことが何度もあります。

もう10円動いてからエントリーしようと躊躇するより
十分検証したトレーディングシステムを信頼して行動する
ことこそが、いいのですね。
確率に基づいて行動するのみです。

正解率100%の投資

2007年03月27日 19:07

みなさんは、トレードの時に
一番なにを気にされていますか?

もちろん勝敗、収支という方が多数でしょう。

収益を得る為にしているのですから
当たり前ですよね。


でもここに落とし穴があるのです。

私は、勝敗、収支が一番重要だとは考えていません。
もしかしたら、勝ち組に入る為のとても大事な条件かもしれません。


私が一番気をつけているのは
正解のトレードをするということです。

勝ち=正解ではありませんよ。
負け=不正解でもありません。

ここ数日連敗していますが
私は全く、気にしていません。
というよりも自信を深めているのです。
なんてったって
私は、私が決めたルールでの
正解のトレードを続けているのですから。
正解トレードの確率が100%だとこれほどすばらしい事はありません。
この先、いくら5連敗、10連敗しても
私は、喜んでそのルール通りエントリーし続けるでしょう。

なぜなら、私が一番重要視しているのは
正解のトレードなのですから。

損益は、結果でしかありません。


この考え方は、楽ですよ。
収支が勝っても正解、負けても正解なのですから。
自信を失う事はありません。


正解率100%の投資


みなさんは、どう思われますか?

失敗から学ぶ

2007年03月21日 17:09

失敗というと、マイナスイメージが強いと思いますが
相場だけに関わらず、失敗はとても貴重な教材になります。

相場で最初から、負けずに勝ち続けるというのは皆無です。

勝ち組に入る過程では、いかに失敗から学ぶかというのが
重要になると思います。

失敗を重ねるうちに、だんだん分かってくるのですが
その間に退場になってしまう人も多いと思います。
負け続けると、参加するのもいやになりますよね。
資金も限りがありますので。

ですので、その期間を出来る限り短くして
少なくとも、負けないレベルに早く行くことが
生き残るのに必要になってきます。


勝ち組に早く入れるように
出来る方法があります。


それは、失敗日誌をつけることです。
例えば、

・買う予定もなかったのに、勢いで飛びついた
・予定のロスカットを守れずに大きな損失になった
・利食いのタイミングを逃した
・利食いが遅れて、勝ちトレードを負けにしてしまった
・少し利益がでた所で早く手仕舞ってしまった

等々。

いろいろな失敗を分類していきます。
そしてある期間で集計して、一番多い失敗を発見します。

それが分かれば、その失敗を徹底的になくしていきます。
一番多い失敗が克服できれば、2番目の失敗に取り掛かります。

こうしていくと、課題がはっきり分かって
効果的に、上達するのではないでしょうか。


失敗というのは、振り返りたくもない事でしょうが
貴重な体験を無駄にするのはもったいないですよ。