日経225先物 必要証拠金を簡単に計算する

2007年09月22日 22:00

2009年証拠金がいつ下がるか知りたい方はこちらへ

プライス・スキャンレンジとは
プライス・スキャンレンジは日経225先物取引だけで単一限月の買いか売りのどちらか一方を取引する際に必要な証拠金の最低基準額です。

ようするに、ラージ1枚取引するのにいくらかかるのかってことです。

先日の急落で証拠金が90万円になって
びっくりされた方も多いと思います。

来週から 48万に大きく下がります。

どうなって決まっているんだろう?
と思われるのではないでしょうか。

再来週はまだ発表されていませんが
60万になります。


オプションが入るとややこしいですが、
先物1枚のみの計算でしたら簡単に計算できます。


まず 日経平均(現物)の終値の変動幅で過去4週間の1番変動の大きな日を探しましょう
次に 過去24週間の2番目の変動の大きな日を探しましょう。

いずれか、大きな変動の方を30の整数倍に切り上げて
1000倍するとラージの最低証拠金となります。


具体的に書きますと
ここ半年の変動の大きな日を書いてみます
8/17 874.81円
8/20 458.80円
9/19 579.74円

例1)9/10現在で計算すると

4週で1番変動が大きいのは 8/17
24週で2番目に変動が大きいのは 8/20
大きい方は 8/17なので
874.81円を30の整数倍に切り上げると 900円
ってことで プライススキャンレンジは
90万円

例2)9/17現在なら
4週で1番変動が大きいのは 8/17が除外されて
8/20
24週で2番目に大きいのも 8/20
458.80円を30の整数倍に切り上げると 480円
ってことで、プライススキャンレンジは
48万円

例3)9/24時点では
4週で1番変動が大きいのは 9/19
24週で2番目に大きいのは 9/19
579.74円を30の整数倍に切り上げると 600円
ってことで、プライススキャンレンジは
60万円


例3は、10/1から適用されますので
10月からは60万円になりそうです。
しかも今回は24週の1番目2番目が近いですので
しばらく続きそうです。




もし間違っていましたら、ご指摘ください。
必要証拠金は各証券会社によって、異なりますので
ご確認くださいませ。

SPAN証拠金(プライススキャンレンジ)とは

SPAN証拠金(プライススキャンレンジ)とは

2007年09月22日 00:36

2009年証拠金がいつ下がるか知りたい方はこちらへ

日経225先物取引は証拠金制度により、取引できます。
証拠金は先物取引で損失が生じた場合でも
決済ができるように預けておく保証金のようなものです。

証拠金はSPAN®(スパン:保有する建玉のリスクの大きさに応じて証拠金を計算する制度)に基づいて証券会社が算出し、その金額以上の差し入れを顧客に求めることになっています。

証券会社によって、必要証拠金は、SPANの何倍と決まっていて
1倍~1.3倍の所が多いです。

証拠金が60万円とすると
必要証拠金が1倍の証券会社だと
60万円入金しておくだけで
先物をラージ1枚取引できます。

ラージ1枚は、日経平均の1000倍なので
16000円の場合
1600万円の取引を60万円の証拠金で取引できる事になりますね。

もちろん、証拠金ぎりぎりの取引で損をするとすぐに必要証拠金を下回りますので、もっと入金しておかないといけません。

証拠金制度により、レバレッジをかけることが出来、少ない資金で大きな取引をすることが出来るのです。

証拠金取引は、怖いイメージがありますが
資金管理をしっかりしていれば、とても効率よく取引する事ができます。

必要証拠金を簡単に計算する

損益レシオ&勝率

2007年09月16日 10:51

■損益レシオとは?

平均利益÷平均損失 で計算されます。

つまり1回の損失に対して何倍の利益があるのか
または、
何回分の負けを1回の勝ちで取り返せるのか
が分かります。


■勝率

勝率だけで判断することはできません。

配当が固定で2倍とか決まっていれば
勝率が高い方がいいんですけどね。
トレードは、配当が決まっていないですよね。

勝率9割でも 勝つとき1で負けるとき-10で
あれば負けます。

勝率1割でも 勝つとき10で負けるとき-1なら
勝てます。
(1割で続けるのは無理がありますが)


■まとめ
損益レシオと勝率は、セットで判断しないといけません。
バランスよくってことですね。



プロフィットファクター(PF)

2007年09月16日 10:13

■プロフィットファクター(PF)とは?


総利益÷総損失で計算されます。

1以上であれば、収支がプラスですね


例1)
総利益1000万 総損失500万
であればPFは 2 になります。


PFは、複数のシステムの比較をする時にも役立ちます。
例2)
総利益1500万 総損失1000万
利益は、例1と同じ500万ですが
PFは 1.5 になります。


PFで比較すると
例1)の方がいいシステムといえます