SQ(特別清算指数)とは

2007年10月12日 11:11

日経225先物、オプションは、期日のある取引です。

日経225先物の場合は、3月、6月、9月、12月(それぞれ「限月」といいます) の第二金曜日が満期日です。

オプションは、毎月第二金曜日が満期日です。

満期日の日のことをSQ(日)といいます
3月、6月、9月、12月は、日経225先物とオプションの両方の満期なので
MSQ(メジャーSQ)といったりします。

その満期日が来ると、SQ値(特別清算指数)で精算されます。

SQ値(特別清算指数)は、指数構成銘柄(225銘柄)の始値を用いて算出されます。
SQ日はかなり出来高が増えます。

また、SQの週は値が大きく動く事も多いです。

************************
日経225先物では、実際の取引は、SQで精算せずに、転売して次の限月で取引する人がほとんどだと思います。

ちなみに、SQで精算となると、証拠金は当日は拘束されますので使えません。

************************
一方アメリカでは・・・
Triple witchingという日があります。
株式先物取引、株価指数オプション取引、個別株オプション取引が期限を迎える日で3月、6月、9月、12月の第三金曜日の終値で精算されます。

アメリカは日本ほどは影響ないのでしょうかね?
日本とは違い終値で精算です。
日本の始値で精算だと、なんか操作されていそうで 終値のほうが良さそうな気がしますが?
どうなんでしょうね。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)